マイロネフは行く

自転車とサイクリングに鉄道や郷土の自然(主に植物),地理,歴史などを織り交ぜ,ジュニア世代にサイクリング人気の復興を念じつつ展開してゆきます.

2018年02月

皆様こんばんは.
a383493242改めマイロネフでございます.

今日もTVは朝から女子団体パシュートの金メダルの
話題で持ち切りでしたね.日本の冬季オリンピックの
メダル数も1998年の「長野」を上回って過去最高.

3人の選手の足並みが綺麗に揃った,まさに三位一体.
個人個人の実力ではオランダに劣るかとみられた力を
“和を持って尊しとなす”組織力で結集した勝利が
如何にも日本的という印象を受けました.

この種目にも長野県内出身,また長野県内企業に所属する選手が
合わせて2人おりまして,実数で2個の金メダルは喜びに堪えません.

さらに心に留めたいもう1人は,(今さらですが)何と言ってもこの選手.
イメージ 1
そして金メダルを獲得しました.

この屋外広告は,長野市南部の主要幹線道路が千曲市方と松代方へ分岐する
地点に位置する印刷会社の前に数年前から設置されているもので,主に長野(松代)インターチェンジから来る観光客向けに長野県産の農産物をPRしています.
(今日の日中,改めて撮影してきました)

この女子500m決勝で,小平選手の優勝にもまして胸を打たれたのは
2位に終わって泣きじゃくるイ・サンファ選手を小平選手が優しく抱いて
慰める,世にも麗しいスポーツマンシップを体現した光景でしょうね.

とかく政治・外交面で波風の立ちやすい日韓関係の中で,これが
オリンピック精神の象徴とも言えますし,けだし今大会の名場面
の1つとして後々までも語り継がれることでありましょう.

皆様こんばんは.
a383493242改めマイロネフでございます.

昨日の羽生結弦選手の金メダル,宇野昌磨選手の
銀メダルの興奮と感激も冷めやらない今宵,
女子スピードスケート500mで
小平奈緒選手が
金メダル
を獲得してくれました.

彼女は小学校時代の作文で「オリンピックで金メダルを取りたい」と
書いたと報じられておりますが,その夢が今宵ついに現実となりました.

日本の女子スピードスケート選手
として史上初,さらに,わが長野県
の郷土選手がオリンピック新記録で
初の金メダルですから,一長野県民として
これに勝る喜びはございません.

皆様のご声援に心から感謝申し上げたいと存じます.

皆様こんばんは.
a383493242改めマイロネフでございます.

さて,皆様もすでにご高承のとおり,平昌オリンピックの

ノルディックの複合ノーマルヒルで,
白馬村出身渡部暁斗選手,

スピードスケート女子1000mで,
茅野市出身小平奈緒選手が

いずれも銀メダルを獲得しました.

今年は長野オリンピックから20年.今回の
平昌オリンピックでわが郷土選手の活躍は
いち長野県民として実に喜ばしい限りであり,
この意味で,長野オリンピックは成功だったと
改めて実感できます.

本音としては,日本選手にそろそろ金メダルが欲しいところ.
上記2選手ともまさに寸での所での惜敗でしたが,そうは言っても
世界で2位は堂々の“あっぱれ!”

この後の活躍に期待しましょう.

↑このページのトップヘ