マイロネフは行く

自転車とサイクリングに鉄道や郷土の自然(主に植物),地理,歴史などを織り交ぜ,ジュニア世代にサイクリング人気の復興を念じつつ展開してゆきます.

こんばんは.マイロネフです.

当地長野市も道路は雪に氷で,目下のところ
自転車は走りにくい事この上ありません.
DSCF7004
この程度なら,MTBは比較的強いので
乗れないこともないのですが・・・・・・・・.
DSCF7005
この画像のように,腰はサドルに乗せずトップ
チューブを跨ぎ,右足はクランクの下死点で
ペダルを踏み,左足でキックボードのように
圧雪や半分解けかかった路面を蹴って進むと
いう方法もありです.但し余りカチコチに凍って
滑りやすければ,潔く押し歩きもやむを得ません.

その,例の電動キックボードですが,今般長野市内
中心部でその実物の一例を見ることができました.
DSCF7007
DSCF7008
いっちょまえに(?)前後輪共
ディスクブレーキが付いています.DSCF7009
フロントは折りたためる構造らしいですね.
DSCF7010

ステップの全体図.
DSCF7013
前輪に駆動モーターが仕組まれて
いるのでしょうか.
DSCF7012
後輪の部分.
DSCF7011
ハンドル左手部分.ウィンカーにブザー(ホーン)
のスイッチが付いています.因みに原付バイクとして
ナンバー登録もされてはいます.
DSCF7015


ハンドル部分を前方から見ます.
DSCF7016
車体に付いている注意書き.

この電動キックボード,今月17日頃からこの
場所に放置状態になっているらしく,ハンドルに
この場所の管理者が移動を求める警告札が
付けられていました.

キックボードといえば1975年頃,子ども用に
片足でバー状のペダルを踏んでチェーンと
滑車のギヤで動く「ローラースルーGoGo」
なる物が出回ったのを思い出しました.

これについても当時安全性を問題視する意見が出た
と記憶しておりますが,それを
大人(中学生以上)
向きに強度と耐久性を
増した物なら,こんな電動
仕掛けよりは余程身軽に使えるかも分かりません.


しかしそれであっても
歩行者とのトラブルが
起きないとは言えません.

この電動キックボードなる物の問題点については
こちらの配信記事もどうぞ.

私としては,上記の実態を見る限り,少なくとも
自転車に代わる“未来のモビリティ”になり得るとは
思えません.

では今夜も時間ですので,今回はこの辺で.

こんにちは.マイロネフです.

ここ数日来の冬将軍は強烈でした.
最初は2023年 1月24日()で,
当日は午前中は穏やかで,屋上での
作業にもまずまずの条件でしたが,
昼頃から飯綱山に雪が降り出したかと
思ったら,私も滅多に経験していない
猛吹雪になりまして,作業は2日後の
 1月26日()に持ち越し.仕事先から
帰る車の運転にも差し支える程一時は
視界が遮られました.


で, 1月25日朝の長野市の最低気温は
-9.0℃.

そしてその日の最高気温も-4.6℃でした.
長野で日中もこんな酷寒零下の日は
そうざらにはありません.特に暫く前まで
これまた異常な程の暖冬でしたからなおの事
骨身にしみます.

さらに翌 1月26日の長野市の最低気温がまた
-11.6℃ときて,最高気温も0℃を超えません
でした.

こうなっては,公休日でもどこへも出かけず
自宅で休んでいるだけでも電気にガス,それに
灯油と失費は嵩むもの.これまでは月払いの
電力料が高い月でも¥9千~¥1万でお釣りが
来ていましたが,今回はついに¥1万を超えて
しまい,❝”ウクライナ事変による値上げの影響が
モロに出ました.戸建ての2人暮らしで最低限にと
心がけてもこの酷寒では限界があり,もはや
春が来るのをじっと待つ以外になくなっています.

趣味半分で煮込み料理でも作ろうかと思っても,
うっかりすればてきめんにガス代に響きますからw.

当然,自転車にも過酷です.気温が低ければ低い
だけ,雪は砂地状になり,比較的乗りやすくなり
ます(それでも滑ります)が,0℃位になれば
大根おろし状になり,それも塩カル混じりとなれば
たちどころにチェーンは錆まみれ.こんな路面状態
が当分続く見込みとなると自転車族には憂鬱です.

中にはこんな雪にも負けずに自転車で強行する人も
いますが,私はもうそんなに若くないのであまり
無理をしたくないです(我ながら些かナサケナイ話
ではありますが).

因みに諏訪湖ではこの寒波で御神渡りができるか
期待が高まっていますが,何しろグリーンランド
とか,北極圏でも氷が解けまくっている昨今の現状
で,1回や2回-10℃になった程度ではあまり過度に
期待しない方が・・・・・・・・・・とも思えます.

それではまた.

こんばんは.マイロネフです.

いささか遅れ馳せとなってしまいましたが,
去る2023年 1月19日(),長野電鉄で最後
まで残っていた旧営団(現東京メトロ)3000系
改め3500系の2輌編成1本のお別れ運転が
実施されたということです.これについては
日テレニュースで報じられたということで,
また例の如くYou Tubeの引用で恐縮ですが,
1964年の日比谷線開通当時の映像も入っています
ので,ご覧願えればと存じます.

【さよなら“昭和の地下鉄”】という表現が
何ともたまりません.この動画のコメント
欄でも数々の思い出が寄せられています.

この電車の登場は,私が小学校に上がる1~2年
前のこと.銀色に輝く車体がその当時は実に斬新に
見えたものでした.

以来,高度成長期の“花の東京”のただ中で通勤輸送に
大活躍.そして二代目のアルミカー03系にその座を
譲り,大半はその時点で廃車されたものの一部の仲間
は幸運にもこの信濃路に第二の活躍の場を与えられ,
長閑な信州の風景の中で,特に今日まで生き永らえる
ことができたこの2輌は本当に強運だったと言えますし,
何か人間の生涯とも通じる所もあります.

1960年代の電車の中では,南海電鉄高野線のステンレス
車・6000系と並んで類まれな長寿でした.

勿論,私も日比谷線当時からこの電車には馴染があり,
私自身が60歳を超えるに至るまで走り続けたことで
改めてこの長い歳月を思い起こさせてくれました.

長野電鉄の路線は先に廃線となった区間を含めても
当方の自宅からサイクリングの日帰り圏内にすっぽり
収まってしまうこともあり,いろいろの都合などから
善光寺下ー長野以外の区間でこの3500系に乗る機会を
持たずじまいに終わったのは,悔いが無いと言えば
嘘にはなります.

それならせめて,過去に私が撮影した同系電車の
画像を再度ご覧頂くことに致しましょう.
DSCF0536
これが,今回のお別れ運転まで生き永らえた
3500系N8編成で,2016年 5月29日,
湯田中駅での撮影です.
DSCF0541
旧駅舎の窓越しに写してみました.
013
こちらは2013年 5月25日,柳原駅附近での
撮影で,3612号車を先頭とした3600系の
3輌(L2)編成です.
004
これが,1981年4月当時(サイクルショーの頃)の
日比谷線3000系車内で見られた営団地下鉄伝統の
リコ式吊り手です.上記You Tubeのニュース映像中
にも出てきます.これもラッシュ時の車内で
トラブルの元になったとかで,1983年頃には全廃
されたと伝えられております.

それでは今夜も時間ですのでこの辺で.

↑このページのトップヘ